MENU

結婚式の日取り

結婚式の日取りで人気なのは6月ですが日本では6月は梅雨の時期にもかかわらず人気があります。もともと結婚式を6月に挙げるというのはヨーロッパの言い伝えで6月に結婚すると幸せになるということからですが、つゆの日本もその影響から6月に結婚式をあげる人が多いといわれています。しかし、最近では10月や11月に結婚式をする人も多くて、暑くなく、寒くなく、秋晴れのあるとてもいい気候だから秋の結婚式が人気があるそうです。日本で結婚式の日取りで一番人気がある日というのは6月の大安吉日だといわれています。結婚式場でも実際に、6月の大安吉日は予約がすぐに入ってしまうんだそうです。

 

 

 

最近では仏滅に結婚式を挙げると少しお得なプランなども用意されていますから、費用の面から考えてあまり縁起を気にしない人は仏滅に結婚式をあげる人も多いといわれています。あまり最近では仏滅だから駄目だという考えも少なくなってきたように思いますね。

 

結婚式場や結婚披露宴の会場を探すなら式を予定している1年前でも早いとは言えませんし、人気のある一日一組限定で行われているハウスウエディングなどは一年以上前から予約が入っていたりしますから結婚式の日取りは早いうちに考えたほうがいいでしょう。

 

結婚式の式次第

結婚披露宴の流れである式次第を紹介したいと思います。

 

まず結婚披露宴で入場したら来賓の方は受付でもらう席次表を見ながら自分の席に着席します。そして全員席に着いたら新郎新婦の入場です。そして新郎新婦が高砂に座ったら司会者が開園の挨拶をします。そして新郎新婦の紹介をするのですが二人の略歴や家族や馴れ初めなどを紹介されます。そして結婚式の祝辞を主賓からいただきます。そして結婚式の乾杯の音頭をとってもらいますが、この時に頼むのは主賓か年長者が乾杯の音頭をとることになっています。

 

そして食事を楽しみながら余興を見たり、新郎新婦のウェディングーキ入刀などがあります。昔は、ウェディングケーキ入刀をはじめての共同作業といったものですが、最近では赤ちゃんが出来てから結婚式をする人も多いようで言わなくなったそうです。昔は結婚式のケーキは作り物が多かったのですが、最近では生のケーキが主流になりつつあって、みんなでいただきます。そしてお色直しや祝電の披露があったりキャンドルサービスがあって、両親への手紙や花束朗読をして閉演の挨拶、お開きになります。

 

これが大まかな結婚披露宴の流れですが新郎新婦によって多少内容は変わってきますからその結婚式によっても色々です。

結婚式のブライダルフェア

結婚式のブライダルフェアというのは結婚式の披露宴会場や教会で行われる結婚式のイベントです。

 

結婚式のブライダルフェアでは披露宴当日の料理の試食ができたり、衣装を試着したりと、結婚式のイベントの参加型のフェアが増えています。カップルでデートの途中に楽しむことができるようです。結婚式の模擬挙式や模擬結婚披露宴なども行われているので、結婚式の雰囲気を見ることが出来ます。結婚披露宴の試食会以外の場合は、大体予約も要らないですし無料で参加できます。結婚式の披露宴の試食会では予約制で有料の場合が多いようです。意外と結婚式のブライダルフェアの中でも試食会は人気がありますから予約がいっぱいになる前に、早めの申込がいいようです。

 

結婚式のブライダルフェアに参加しておくと、自分の結婚式のイメージもつかめますし、その場の雰囲気もわかるので、雑誌やパンフレットで結婚式場を見るよりもとてもよくわかると思います。結婚式のブライダルフェアは秋や春のブライダルシーズン前に行われることが多いので、出来れば参加して自分の目で確かめてみるといいと思います。結婚式のブライダルフェアに参加してそのまま気に入って仮予約をして帰ってくる人も中にはいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
150
250
340

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
140
240
3http://xn--9-ieuaq7a4gxa4b9mwf40
4綣莇 荀腥 ゅ40
5綣莇 荀腥 40
6綣莇 荀腥 欠40
740
8solvangardens.com40
940
1040
1150
1250
1350
1450
1550
1650
1750
1850
1950
2050
2150
2250
2350
2450
2550
2650
2750
2850
2950
3050